働きやすい環境 | 仕事を探して良い人生設計~グッジョブ探しの便利屋さん~
Job offer

働きやすい環境

今後の動向についての予測

今後の動向についての予測としては障害者雇用の職場環境がより整っていくとともに障害者が働きやすい環境が出来ていきます。 障害者を雇用することで職場にも補助金として規定の障害者の人数を採用することで、国からの補助金としてお金をもらうことができます。反面言い換えれば規定された障害者の人数を採用することが出来ない企業などについては、税金を払うことを義務づけられているのです。 障害者の雇用が難しい企業などはその支払っている税金を納付することで今後の障害者が働く支援金として税金を活用していく形式になっているのです。 障害者雇用するまでには、就労支援というものがありジョブコーチが側につき職場に適応するまで訓練を行うことができます。

注意すべき点(気を付けることなど)

障害者が新しい職場で働けるようになるまでは 多くの問題点や訓練が必要になっていきます。 問題点としては、障害者は言葉のやりとりなどが 苦手な人が多くいるのでコミュニケーションの能力の向上が求められているのです。 トラブルなどがあった場合の職場にいなくなってしまい、そのまま退職してしまう障害者の人もいるのです。 こういったトラブルなどを避けるため人間関係の構築や働く環境の用意などが必要になってくるのです。 職場に適応していくとともに少しずつ障害者雇用の職場からジョブコーチが距離を置き1障害者が一人で仕事ができるように支援を行っていきます。 障害者雇用はジョブコーチや関わりが必要になってくるので職場の人の協力やジョブコーチの密接な関わりといった協力が求められていくのです。