目的と理由 | 仕事を探して良い人生設計~グッジョブ探しの便利屋さん~
Job offer

目的と理由

工夫をすることで得られるメリット

障害者の雇用には多くの目的と理由がそなわっています。 障害をもっているひとが健常者と同じようにもっている能力と適性に応じた雇用の場につくことで地域で自立した生活を送ることが出来ることを目的としているのです。 社会で働けるように雇用対策を推進し社会貢献の実現に向け目標の達成のために障害者雇用対策を進めているのです。 国で定められた法律の中では、障害者雇用促進法に置いて企業は雇用する労働者の2.0%に相当する障害者を雇用することを義務づけているのです。 この条件を満たす企業から納付金を徴収しており この納付金を元に雇用義務数より多く障害者を雇用する企業に対して調整金を支払うのです。 障害者を雇用するために必要な施設なのに女性していきます。 この徴収方法のことを障害者雇用納付金制度といい 障害者の職業訓練や職業紹介またリハビリ リハビリテーションなどを実施しそれぞれの障害特性に応じた支援が行うわれるようにしているのです。

現在の取り組みやトレンドについて

障害者雇用は障害者が働くまでの準備期間と言うものがあり、個別支援計画の作成やケース会議できまった内容が後の就職ガイダンスや職場実習先への開拓などに繋がっていくのです。 ジョブコーチや就労アドバイザーなどとの関わりも密接に関わっているので働くことだけではなく生活全面における総合的な職業評価をふくめて知的障害者の能力開発が求められているのです。 職業などを決める時、ハローワークの求人先などを紹介しているので、目標となる職場環境の目安を決めることができるのです。 障害者が職場で働いていく環境になれるまで、支援を行っていきます。 本人の労働状況などを見ながら職場の人間関係や仕事そのものに慣れてきたと判断していく中で少しづつ障害者との距離を置き、個人で収入を稼げるような環境づくりをしていくことが求められているのです。