どこに発注するか

こいのぼり

垂れ幕や横断幕、のぼりといったものは、それなりに規模の大きい看板屋に発注すれば製作してもらえます。
但し、看板屋も多くの場合、結局のところ専門業者に外注することになります。
だったら、直接、専門業者に発注すれば良いということになりますが、専門業者にも製品によって得手・不得手があります。

また、スケジュールが詰まっている場合、希望する納期での納品が不可能な場合があります。
その点、規模が大きい看板屋ですと、いくつか専門業者を抱えていますので、得手・不得手を心得ているのはもちろんのこと、希望する納期に合わせることも可能です。
ですから、看板屋に発注することが無難なのです。
費用は若干高めになってしまうかもしれませんが、それでも、ものすごく高いということはありませんから問題ないでしょう。

垂れ幕・横断幕・のぼりが必要な状況


一般の人には、こういった知識は通常ならば必要ないのですが、何かの拍子で必要となる場合がありますから、得ておいても損はない知識です。
例えば、子供が何かしらのスポーツのクラブに所属していて、大きな大会に出場することになったとします。
そうなれば、当然、応援に行くことになると思うのですが、子供の士気が高まる、より良い応援をするためには垂れ幕・横断幕といったものが効果的です。
また、自治会や町内会の行事で、お祭りのようなものを開催するとします。
お祭りですから、できるだけ賑やかにしたいものですが、いかんせん素人が開催するお祭りですから、賑やかにすることは中々難しいものです。
そんな時、のぼりがあるだけで一気にお祭りらしくなります。
このように日常生活には必要なくても、必要になる機会が訪れることはあるのです。
ですから、得ておいても損はない知識なのです。

垂れ幕・横断幕・のぼりの製作はデザインデータの持ち込みが可能


以前でしたら垂れ幕や横断幕は、職人が手書きで製作するものでしたが、現在はプリンターでの制作が主流となっています。
このプリンターというのは、基本的には各家庭で所有している市販のプリンターと同じ仕組みになっています。
ですから、自ら作成したデザインデータに基づいて作成すること、つまり、デザインデータの持ち込みが可能な場合があります。
デザインデータを持ち込むことができれば、思いどおりのデザインになることはもちろんですが、デザインデータ作成料を節約することができます。
のぼりに関してもプリンターでの制作を行っていますから、デザインデータの持ち込みは可能ですが、豊富な種類の既製品が用意されていますから、その中から選んだ方が無難だと言えるでしょう。
そうした方が、大幅に費用を低く抑えることができます。

オススメリンク

横断幕

印刷技術の向上

お店の軒先や商店街などで、のぼりや横断幕、垂れ幕が広く利用さ…Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
    横断幕

    印刷技術の向上

    お店の軒先や商店街などで、のぼりや横断幕、垂れ幕が...

    Readmore
    のぼり

    ネットからでも利用できる

    垂れ幕や横断幕の制作サービスは最近では非常に手軽に...

    Readmore